SSRI(セロトニン再取り込み阻害剤)

 セロトニンは神経細胞内で作られ,神経伝達物質として放出されると同時に,同じ神経細胞に再度取り込まるという性質があります.正常であればこのバランスが保たれているのですが,うつ病パニック障害などでセロトニンが低下してくるとバランスが崩れ,思考面や感情面で様々な症状を引き起こします.

 抗うつ薬を使うことで,ストレスによって脳内のセロトニンなどが減少するのを防いでいきます.そして神経伝達をスムーズに行い,服薬を続けていくことで,神経伝達物質の機能が正常化し,症状が改善されていきます.

 パキシルなどのSSRIが他の抗うつ薬と大きく違うところは,セロトニンにのみ作用することです.従来の薬はうつ病以外にも作用する為,副作用が出る場合が多かったのですが,従来に比べ副作用が少なくて服用しやすいことで注目されています.

 現時点(2007年12月)で日本で認可されているSSRIは,デプロメール,ルボックスパキシルジェイゾロフトです.


 なお,2006年02月09日の朝日新聞が,『抗うつ薬「SSRI」,妊婦は注意 子に呼吸障害の恐れ』という記事を掲載しました.この報道以降に日本でも,SSRIなどに自殺助長の副作用があるようだ・・・というニュースもあり,特に子供(未成年)や患者さんの症状によっては,投与・使用は慎重にすべきという論調もありました.これらの情報源・クローズアップされたきっかけは,主にアメリカでの研究結果が発端なのですが,風邪薬にしろ抗うつ薬にしろ何らかの副作用はあるものです.基本的に妊娠・出産の時期や低年齢層・高齢者の患者さんには,作用の強めの向精神薬は減薬・断薬したり選定薬から外し,弱めの作用の代用薬にスライドするなど,患者さんの状況に応じて治療方針を模索するのが普通と考えて良いでしょう.

心の病(精神科)に限る問題ではありません.
要は患者といっても,それぞれの薬の特徴・作用・副作用を各自でチェックしていくことが重要です.

パキシル(SSRI)

商品名(一般名)   パキシル(塩酸パロキセチン水和物錠)

薬価: 137.20 円 / 10mg1錠 
特徴: パキシルは我が国で2番目に認可されたSSRIです.さらにパキシル製造元のグラクソ・スミスクライン社がうつ病の啓発CMを行ったことで有名です.気持ちを楽にして,意欲を高める.気分を落ち着ける.主にうつ病やパニック障害に処方され,その他には強迫神経症・月経前不快気分障害・摂食障害にも用いられます.
副作用: 頭痛・眠気・日中の倦怠感 ,吐き気・胃痛(副作用が出ても多くは2週間程度でおさまるが,それを越えてもおさまらない場合はパキシルが合わない体質である可能性がある) ,口腔内の渇き ,便秘・下痢,性欲の低下 ,発疹・かゆみ ,排尿しづらい.
まれに,セロトニン症候群(錯乱・発熱・発汗・ふるえ・痙攣),肝機能障害(食欲不振・黄疸).
パキシル10mg パキシルは新しい抗うつ薬などとして多くの患者さんが使用して,回復傾向の方が多いようです.薬物動態は20mg投与した場合,血中濃度で,最高濃度到達時間は4〜6時間,半減期は約14時間前後でした(グラクソスミスクライン).しかし,完治したといっても実際止めるときには注意が必要です.
 パキシルは止める際は,徐々に服薬量を減らしていく事が必要で,突然止めてしまうと急激に薬の血中濃度が下がり,反動として離脱症状が必ず出ます.離脱症状として多いのは,めまい,ふらつき,吐き気,嘔吐,頭痛,不眠,疲労感などがあります. これらは服薬を再開すると改善されますが,離脱症状を起こさないために,飲み始めたら毎日欠かさず服薬することが大切です.追記

ルボックスとデプロメール(SSRI)

商品名(一般名)   ルボックスデプロメール(マレイン酸フルボキサミン錠)

薬価: 50.10 円 / 25mg1錠 (ルボ),  87.80 円 / 50mg1錠(デプロ)  

特徴: デプロメールは,1999年に我が国で始めて認可されたSSRI抗うつ剤です.セロトニン系の神経にだけ選択的に働くのが特徴で,従来の抗うつ薬に多い口の乾きや便秘,心臓への負担などの副作用が軽減されています.憂うつな気分をやわらげて,意欲を高め,また,不安や緊張した気分をほぐし,気持ちを楽にしてくれます.基本はうつ病治療に用いられますが,パキシルのように強迫性障害,社会不安障害,月経前不快気分障害などの疾患にも応用されています.
副作用: 一般的な副作用としては,吐き気,ねむ気,口の渇き,便秘などですが,重いものではまれに悪性症候群の無動,強度の筋肉のこわばり,嚥下障害,頻脈,血圧変動,発汗,発熱症状があります.さく乱,けいれん,重い肝障害,また低ナトリウム血症,意識障害などの報告があります.

ルボックス25mgデプロメール50mg  ルボックスやデプロメールは併用薬による相互作用も多く,筋弛緩剤との併用を禁じるなど注意を要します. 薬物動態は,血中濃度で約4〜5時間後に最高濃度に達し,半減期は約9〜14時間で低下した(デプロメール結果:明治製菓). 
 他の抗うつ薬同様に,薬物は肝臓で代謝されますので,肝臓腎障害などの病歴のある方は医師に説明してください.また,他の精神病の既往,緑内障,高齢者での使用には危険を伴いやすく,妊娠中,授乳中の婦人には投与を避けます. また,18歳未満の人には,治療の効果と危険性をよく考慮した上で使用が決められます.

ジェイゾロフト(SSRI)

商品名(一般名)   ジェイゾロフト塩酸セルトラリン) 
薬価: 137.2 円 / 25mg1錠 ,  241.1 円 / 50mg1錠
特徴: ジェイゾロフト2006年7月から使用が認めらた,国内3番目の選択的セロトニン再取込阻害薬(SSRI)です.日本ではうつ病パニック障害に適用(ファイザー),海外ではさらに強迫性障害,PTSD,PMSの適応症で認証されています. 
副作用: 比較的安全性の高い抗うつ薬です.従来の薬に多くみられる口の乾きや便秘などの不快な副作用も少なくなっています.飲み始めの吐き気はたいてい2週間くらいで軽くなりますが,ひどいときは医師に相談して対策を考えてもらうとよいでしょう.
 人によってはかえって神経過敏になり,不安感を生じたりイライラ・そわそわ落ち着かない気分になるかもしれません.これも服用開始時にみられる症状ですので,あまり心配せず医師とよく相談してください.その後の副作用はわりと少なく,長期の維持療法にも適します.
 重い副作用は頻度的にほとんどありませんが,この系統(SSRI)の特異な副作用として「セロトニン症候群」があります.混乱状態,発汗,ふるえ,けいれん,発熱といった症状があらわれます.副作用は軽減されていることがメリットのジェイゾロフトですが,SSRI等が合わない体質の方もいらっしゃいます.不調が続く場合,必ず医師に連絡してください.
ジェイゾロフト25mgジェイゾロフト50mg  ジェイゾロフトは日本では3番目に認可されたSSRIですが,世界では1番使われている有名な抗うつ薬です.セルトラリンとして1990年にイギリスで承認後,2006年には110カ国でうつ病やパニック障害などに使われるようになりました.一方,先に日本で承認されたSSRIのパキシルは,1990年イギリスで認証後うつ病で100か国以上,パニック障害で90か国以上で使用されています.
 (なぜジェイゾロフトの認可が遅れたか? 欧米人には効き目があっても,日本人による治験結果は芳しくないという判断もあり,懐疑的にとらえている医師もいる・・・という話が当時ありました). これまでのSSRIやSNRI,三環系のお薬で十分な効果が得られない人など,薬の切り替えを選ぶ医師や,希望する患者さんが増え,日本の医療現場の治療方針として一般的になると,日本人にとっても万能薬になるかどうかも,分かると思います.

 なおこの薬のメリットは,今までのSSRIの中で1番 離脱症状が軽いこと,再燃・再発可能性が低いと臨床試験から明らかになったことです.実際に,パキシルの場合は離脱作用が強いため,減薬する場合い減らす量・期間を慎重に行わねばなりません.
 他の抗うつ薬の効果が十分でない場合にジェイゾロフトに切り替えたり,多種多用の薬の併用から徐々にジェイゾロフトに統合(治療薬をシンプル化し体への耐薬負担を減らす)している方も増えてきました(知人にジェイゾロフトに移行して他の薬を減らし良好傾向にいる人と,移行してからしばらくして血液検査で肝臓関係に副作用が出た人がいます...筆者も再燃・再発時に試用を検討しましたが,薬価が高いので見送りました). 薬代が高くなるのは,少々痛い気もしますけれど,現状治療に満足のいかない場合,試してみる価値はあるかと思います.

 薬物動態は,血中濃度で約6~8時間後に最高濃度に達し,半減期は約24時間(ファイザー)と効き目が持続するため,1日1回の服用で済みます. 

 副作用や注意事項は,他の抗うつ薬とほぼ同様です.肝臓で代謝されるため,脂肪肝などの肝機能障害を持つ人,躁病の既往,てんかんのある人,高齢者の使用には危険を伴いやすく,妊娠中,授乳中の婦人には投与は,基本的に避けます. また,アルコールを摂取すると直ぐに酔いが回ります.18歳未満の人には,治療の効果と危険性をよく考慮した上で使用が決められます.

SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)

 SSRIがセロトニンに働きかけるのに対して,SNRIはセロトニンとノルアドレナリンに作用します.ノルアドレナリンは,意欲,気力,積極性を担う物質で,活力の源と言えるような物質です.脳内でセロトニンが減少すると,不安や焦燥感,落ち込みといった症状が出やすく,ノルアドレナリンが減少すると,気力や行動力が減少すると言われています.


 第4世代の抗うつ薬として我が国でも発展途上の分野で,2000年に認可されたトレドミン(一般名ミルナシプラン)以外に,3種類ほど臨床治験が進められています. 不安や落ち込みが強い人(またパニック障害など)にはSSRIのパキシル,意欲の低下にはSNRIのトレドミンというように,症状にあわせて処方されるようです.

トレドミン(SNRI)

商品名(一般名)   トレドミン塩酸ミルナシプラン錠)

薬価: 48.50 円 / 25mg1錠
特徴: トレドミンは我が国で初めて認可されたSNRIです.うつ病不安障害,頭痛,腰痛,慢性疼痛などに効果があると言われています.これらの症状は,セロトニンが関与していると言われているからです.セロトニンが上昇してくると,意欲が出てきたり,不安が解消されたり,気分が穏やかに安定してきます.パキシルに比べ,重度のうつ病に効きやすいとも言われています.

副作用: 吐き気や眠気,便秘や,その他,口が渇いたり,めまいや立ちくらみなどが現われる場合がありますが,薬に慣れてくると除々になくなってきます.妊娠中,授乳中の婦人,小児では安全性が確かめられていないので,使用は避けたほうが安全でしょう.また,18歳未満の人には,治療の効果と危険性をよく考慮した上で使用が決められます.

トレドミン25mg  トレドミンは通常,30〜50mgという量から服薬をスタートして,服薬開始から1〜2週間後に50〜100mgまで増やします.治療法としては150〜200mgまで増量することもありますが,医師のカルテ申請手続き(なるものがあるらしいです)に上限があり,一般処方量は100mgまでです.ですので,トレドミンを100mgに抑え,その効果を増強させる場合,リーマスアモキサンなどを併用するのが一般的です.医師による手続きをしてもらえば,100mgより多い処方をする事も可能です. 
 また,薬物動態ですが,血中濃度検査で,2〜3時間後に最高値に達し,半減期は約8時間で漸減します(旭化成ファーマ株式会社).
  副作用は個人差があり,強めに出る人もいれば筆者のようにほとんど出ない人もいます.いずれも服薬開始から1〜2週間が一番でやすい時期で,それを過ぎると軽減されてきます.
  SSRIや他の抗うつ薬に比べ,効果が早く得られ,離脱症状があまりない飲みやすい薬です.また,抗不安効果もあるので,トレドミンが十分効いていれば,併用している抗不安薬の減量をして,体への薬物負担を軽減できる可能性があります.