市販のお薬辞典

 一般書でも写真付きなどのお薬辞典が出ています。

 ジェネリック薬の有無もわかるほか、先発薬とジェネリック薬の値段がわかるよう、それぞれのお薬には薬価(薬の値段)も添付されています。

 お薬辞典は新薬の追加や、薬価など変更がありますので、最新版を参考にするのが良いとされています。


 

お薬辞典 もくじ

 このブログ『お薬辞典』はうつ病治療や生活習慣病の治療で,お医者さんや薬局で処方されるお薬の情報を提供しています.薬の作用・副作用情報だけでなく薬価も掲載していますので,お手持ちの処方箋の薬価計算などの参考にしてください.
 
※このブログではお薬の販売・斡旋はしていません.医師の処方なく精神医薬品をネットで購入したり,人手に譲る行為は旧薬事法(現在の薬機法),麻薬及び向精神薬取締法によって罰せられます. ネット上に違法なサービスがあっても,決して購入しないでください.



抗うつ薬(SSRI・SNRI)


抗うつ薬(その他)

抗不安薬など

抗精神病薬など

睡眠導入薬・その他

メタボリックシンドローム

SSRI,SNRIが認可されてからの治療法

  うつ病は心身の疲労状態ですから,休養をとることも大切です. 仕事のペースを落としたり,しばらく休暇をとったり,場合によっては入院したりすることも必要です.従来のうつ病の治療は,三環系の抗うつ薬が主流でしたが,副作用(口渇,便秘,排尿障害など)や遅効性(抗うつ効果がでるまでに2〜4週間かかる)の問題がありました.最近では,副作用の少ない抗うつ薬の開発が進められ,選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)やセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)が登場しました.
  これらの薬は,抗うつ作用が強く,副作用が少なく,速効性があるというものです.ちなみに薬名をあげますと,SSRIとしてはデプロメールルボックスパキシル,SNRIとしてはトレドミンが日本でも承認されています.そして,これらの薬はあくまでも医師から処方してもらい服薬指示を守ることが大切です.
  なお,以下の図はSSRI・SNRIを主軸にしたうつ病治療プロトコルです.クリックすると拡大図が表示されます.また赤字で筆者の治療経過を示しています.

  現在の治療法

主な抗うつ薬

 うつ病治療で使われる,主な抗うつ薬の紹介します.抗うつ薬は脳に働き,セロトニンノルアドレナリンなどを増やす効果があります.これらホルモンは脳内でやる気や落ち着き,イライラや怒りなどをコントロールしています.このバランスが崩れた場合,うつ状態から気分を上向きにさせ,種類によってはやる気を起こさせる働きをします.

 なお,どの抗うつ剤でも共通するのが,個人差はありますが確実な効き目が現れるのに1〜2週間以上かかります.筆者もトレドミンを使用し始めて,明らかにうつ気分が解消されたのにひと月,やる気がでるようになるまでふた月かかっています.


主な抗うつ薬
グループ 世代 化学名 商品名

SNRI

第4世代 ミルナシプラン トレドミン
SSRI 第3世代 フルボキサミン デプロメールルボックス
パロキセチン パキシル
セルトラリン ジェイゾロフト
四環系抗うつ薬 第2世代 マプロチリン ルジオミール
ミアンセリン テトラミド
セチプチリン テシプール
その他 トラゾドン レスリンデジレル
スルピリド ドグマチールほか
炭酸リチウム リーマスほか
三環系抗うつ薬 ロフェプラミン アンプリット
アモキサピン アモキサン
ドスレピン プリチアデン
第1世代 イミプラミン トフラニールほか
アミトリプチリン トリプタノールほか
トリミプラミン スルモンチール
ノルトリプチリン ノリトレン
クロミプラミン アナフラニール

うつ病治療 お薬辞典に関して

うつ病治療 お薬辞典 (本ブログ) に関して

 本ブログは筆者および筆者の家族・近親者(友人含む)が使用している、あるいは使用した経験のあるお薬の情報を中心に掲載しています。

 (筆者および近親者(友人含む)はうつ病、母は統合失調症糖尿病高脂血症、父は心疾患の手術経験があり高血圧治療と高齢のための不眠治療を行っています。より正確には、2005年以降の関係者の処方経験を基にリストアップしています。なお友人を含む近親者の了解を得ておりますので、作用・副作用などの体験談を加えていく予定です)

exclamation筆者自身はあくまで『患者』の立場にあり、治療薬のマッチ・ミスマッチ等をアドバイス出来る医療関係者ではございません。 本ブログの体験談が全ての人に当てはまるわけではなく、また情報が最新であることも保証しておりません。 専門的かつ確実な治療薬の情報は、基本的に各自の主治医・薬剤師、各製薬会社の添付書類や文献を優先にしてください。
 


【記事の情報源について 2008年1月】

 本ブログのお薬情報の大半が、ブログ立ち上げ時の2006年12月の内容になります。2006年12月から現時点において、作用・副作用項目の主な参考文献・情報は、以下の書籍専門サイト様、および薬剤師から渡された処方薬注意事項票になります。

  本薬の事典 ピルブック〈2007年版〉 
  ひらめきおくすり110番

  薬物動態などは、各製薬会社(リンク一覧) または
  医薬品医療機器情報提供ホームページ の薬剤添付文書にて確認できます。

  薬価・ジェネリックは、かんじゃさんの薬箱 にて最新情報が検索できます。


 各お薬の説明については、上記の資料から共通する事実」に基づき、作成当時の主観や経験をもとに独自の編集をしています。複数の資料を編集しているため、現時点では厳密な著作権法第32条の『引用』の形式を取っていません(各情報の文章に対し引用元を明記していません) 。

 この点に関し、2008年1月9日01:10に掲示板にて指摘を受けました(通報者の方が著作者に当たるかは不明です)。 筆者なりに『参考』という形で情報整理に努力しておりましたが、現時点で著作権侵害の指摘を受けたことは、筆者の努力不足に値します。 引用元の著作権保有者(著作者)に対し不快な思いをさせ、大変申し訳なく思っております。この場を借りて、陳謝いたします。

 


【2008年1月時点での筆者の状況と、今後の方針】

 本ブログ作成時から2007年以降、筆者のうつ病のリハビリとリバウンドによる再燃・再発のため、こちらのブログ記事の加筆・修正作業は、ほぼ不可能な状態でした (SSRI 新薬で情報の少ない ジェイゾロフトのみ、筆者と友人の経験が増えたため、急きょ加筆いたしました)

 本ブログの今後の予定としては、うつ病や統合失調症などの精神科治療薬に関して、ブログのメインテーマでもあるため、製薬会社の添付文書および精神医学専門書に絞り、情報元を統一していく考えでいます。 

 しかしながら、掲示板でご指摘を受けた現在は、まだ昨年のうつ病再燃・再発状態を日々繰り返している状況にあります。本ブログの記事内容の著作権侵害に相当するというご指摘に、まだ対応できる体制ではございません。大変申し訳ございませんが、筆者の体調が安定し、医学専門書の情報の整理ができるまでお待ちください。

記録:2008年1月12日