トリプタノール

商品名(一般名)   トリプタノール塩酸クロミプラミン錠)
薬価: 9.7 円/25mg1錠
特徴:  いわゆる三環系抗うつ薬です. 脳内のノルアドレナリンやセロトニンの量を増やし,神経の働きをよくします.ノルアドレナリンの増加は「意欲」を高め,セロトニンの増加は不安感をやわらげ「気分」を楽にします.また,アミトリプチリンは頭痛や神経痛など他の病気に応用されることがよくあります.
副作用: 作用が強く,よい効果が期待できますが,副作用がでやすのが欠点です.また,効いてくるまで少し時間がかかります.主な副作用は口の渇き,眠気,めまい,立ちくらみ,便秘などです.他に,手のふるえ,かすみ目,尿が出にくい,動悸などもみられます.滅多にありませんが重い副作用では,悪性症候群やセロトニン症候群,血液障害や不整脈があります.
トリプタノール25mg 古くからある第一世代の三環系抗うつ薬です.塩酸アミトリプチリンとして,通常,成人1日30〜75mgを初期用量とし,1日150mgまで漸増し,分割経口服用します.まれに300mgまで増量することもあります.
 筆者はたまたまSNRIのトレドミンが体に合ったから良かったのですが,他記の三環系を含め,SSRI・SNRIが体に合わなかった患者さんは三環系などの抗うつ薬を使用・併用されるようです.副作用の強弱が人によって違う,また薬の症状が現れるかなど体に合う・合わないは個人差があります.つらい時は主治医によく相談して治療方法を自分用に合わせていくことが大切ですよね.
 この記事をブックマークする