テシプール

商品名(一般名)   テシプールマレイン酸セチプチリン錠)

薬価:  20.80 円/1mg1錠

特徴:  第二世代の四環系抗うつ薬です.脳に直接働いて感情の調節と高揚作用をあらわし,さらに自律神経を安定させる作用があります.これらの作用によって抑うつ状態(理由のないゆううつ感におそわれたり,気分が沈んだりするうつ病の症状)を改善し,精神活動を活発にします. うつ病のほか,パニック障害,過食症などいろいろな心の病気に応用されます. 
副作用: 副作用は少ないお薬です.主なものは,口の渇き,眠気,めまい,立ちくらみ,便秘など.他に,手のふるえ,興奮,動悸,心筋梗塞など重大な副作用が稀にみられます. また急な減量時に, 吐き気,頭痛,倦怠感,睡眠障害などの離脱作用があります.
テシプール1mg  いわゆる第二世代の四環系抗うつ薬です.脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンの量を増やし,神経の働きをよくします.このノルアドレナリンの増加は「意欲」が高まることにつながると考えられています. また,三環系より作用はやや劣りますが,抗コリン作用などによる副作用が軽減されています.効果の発現は早いほうだそうです. 
 さらに特徴的なのは,パキシルルボックスデプロメールと併用することで,テシプールの作用を強めることがあるそうです.なので,パキシルなどSSRIと併用し,セロトニンだけでなくノルアドレナリンに関しても改善させる投薬例もあります. 理論的にはSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)と同じかと思いますが,SNRIのトレドミンが合わない人には,SSRI+「その他の抗うつ薬」を処方されるのでしょう.
 
 この記事をブックマークする