メイラックス

商品名(一般名)   メイラックスロフラゼプ酸エチル錠)

薬価: 26.2 円 / 1mg1錠   46.7 円 / 2mg1錠

特徴:  ベンゾジアゼピン系の薬の中でも,とくにおだやかな鎮静催眠作用をもち,精神的な不安・緊張によるさまざまな症状に用いられます. 効き目の短いソラナックスと異なり,メイラックスは24時間以上効果が持続します(半減期が120時間). 
 そのため,血中濃度が日ごとに上昇し,不安感などを抑えてくれます.同様に減量する場合も,徐々に体内濃度が低下するため依存度をコントロールしやすい抗不安薬です.ですので,同じベンゾジアゼピン系抗不安薬でも,使用中止時に処方量の減量がしやすく,離脱状態になりにくいと考えられています.
副作用:  軽いねむ気,倦怠感,口やのどの渇き,吐き気,発疹,動悸などが起こることがあります.大量に服用を続けると依存性を生じて,この薬を服用しないと不安になったり眠れなくなったりすることがあります.
メイラックス1mgメイラックス2mg  現在,筆者が使用している抗不安薬になります.ソラナックスよりも,薬の依存を調節,つまり減量がしやすいため,この薬を夕方1錠飲んでいます.なお,ソラナックスほど『効いているなぁ〜』という実感はありません.また,抗うつ薬トレドミン自体にも抗不安作用があるので,この薬がどれほど影響しているのか謎です... 念のため,薬物動態を掲載しますと,血中濃度の最高値に達するのが約1時間後,そして半減期は120時間以上とかなり長いです(明治製菓).
 事実,メイラックスを飲んでいても,些細なことでパニック状態になったときは頓服のソラナックスを飲みます.この場合,依存を気にせず頓服を飲むよう先生からも言われています. 自分がうつ病だという認識を持つことと,病気が治るまでは,苦しかったらに頼ることが大切だそうです.
 この記事をブックマークする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。