お腹のくすり

商品名(一般名)   ビオフェルミンRとプルゼニド
薬価: 6.6円/1錠(ビオ)  6.1 円/12mg1錠(プル)
特徴:  ビオフェルミンRと市販の調整剤ビオフェルミンの違いは,耐薬性が強いことです.ビオフェルミンRは抗生物質(ビフィズス菌を含む細菌を死滅させる)に対しても強く,腸まで届いて腸内環境を整えてくれます.プルゼニドは代表的な「大腸刺激性下剤」です.一般名センノシドというように,センナという薬用植物に由来します.
副作用: ビオフェルミンRはほぼ100%(?)ビフィズス菌なので副作用は特にありません.プルゼニドの系統は効き目が強力ですが,長く飲み続けると効き目が悪くなるのが欠点です.プルゼニドは最大4粒まで飲めます.お腹の具合を見て増減できます.
ビオフェルミンRプルゼニド12mg ビオフェルミンは大衆薬の病院用で,大粒が袋包みになっています...プルゼニドは効きめが悪くなってきたからと,安易に増量を繰り返していると,体が下剤に頼りがちになり自然な排便が困難になってしまいます.さらに血液中のカリウム分(バナナとかに含まれています)が減少すると,排便の力がますます弱ってきます(下剤性結腸症候群).
 この記事をブックマークする